アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「福島原発」のブログ記事

みんなの「福島原発」ブログ


憲法改正の意図?

2013/05/04 09:12
大きな日本の転換期を予測

@ナントカミクスで、経済活性化を狙い、国民の支持率をUP
A選挙の票の格差是正前に、参議院議員選挙・・・衆参両議院で2/3を確保
B憲法第九章・第九十六条 改正・・・・総議員の2/3以上を過半数に変更
C公職選挙法・・第二章選挙権・・・満20歳以上を満18歳以上に変更。
D選挙の格差是正前に、国民投票総数の過半数(有権者の数ではない)でBの承認
E第二章戦争の放棄 第九条(戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認)などの大改定
  を議員総数の過半数で承認
D戦争を知らない世代が多数参加し過半数以上で、北朝鮮の脅威もあり、憲法大改定承


尚、、福島原発の廃棄方法も不明なままに海外に原発を売り込む一方、一瞬にして何十万人も殺戮された国が、NPT会議で「いかなる状況下でも」に賛同せずに、核兵器の人道的影響に冠する共同声明」に加わらなかった。つまり憲法改正と合わせると、日本国は、場合によっては、戦争に核兵器を使う・・・と言っていることになる。軍隊にし、核兵器も使えるようにして、独立国家を狙う・・・・んだ。要は、原子力関係や軍事産業が興隆し、富国強兵。

・・・・て、なんだかしっくり行かない気がするのだけど、どうですか?考え過ぎかな? ただ、政治家は、国民のために尽くすことはない。自分の利益のために動くとは思うし。

勿論、9条以外に変えるべき条項は地方自治関係を含めて沢山あるけどね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「福島原発」ブログ

詩と写真 福島原発のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる